原状回復しなければいけない部分

賃貸の家を引っ越すとき、原状回復しなければいけないというのはよく聞く話ですが、借りた側がどこまで原状回復すればいいのかあまり知られていません。賃貸で家を借りる際に、「退去する場合には引っ越し当初の状態に戻さなければいけない」という原状回復義務が借りた側にかせられます。ですが原状回復の範囲は大家さんなどによってバラバラで決まっていません。では、どこまでやらなければならないのでしょうか。
普通に生活していく上で出てくる汚れなどは対象に含まれていません。例えばカレンダーなどを止めるのに壁に画鋲をさした穴や、エアコンをつけるために開けた穴などです。原則、借りる側がわざと汚してしまった場合や不注意で傷つけてしまった場合などが対象になってきます。例えば、タバコのヤニや壁に穴を開ける、家具を引きずって床に傷をつけるなどです。ただし、畳が日に焼けてしまったり、テレビや冷蔵庫などを置いてついてしまう電気焼けなどは直さなくてもよいとなっています。このように故意に汚してしまった部分に関しては借りた側が負担となり、その他の部分は貸した側の負担となるので、それぞれ直さなければならない範囲を理解して気持よく次の家に移りたいですね。