最新情報・レポート

原状回復に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介しております。ご参考くださいませ。

事業用と住宅用で違う原状回復義務

住宅用の賃貸契約をはじめ、オフィスや店舗の賃貸契約であっても、必ず生じるのが「原状回復義務」です。しかしこれは住宅用の賃貸なのか事業用の賃貸なのかでかなりその意味合いが変わってくると言えます。なぜかと言うと、まず住宅用の賃貸は個人契約であることが多く、消費者契約法が適用される場合がほとんどですが、一方で事業用の賃貸は営利を目的としているため、人の出入りも多く、物件の損耗についても経年劣化によるものとは考えられないためです。そのような事から、事業用の賃貸契約には、原状回復についての特約が広く認められていることが非常に多いのです。つまり、事業用の賃貸契約には消費者契約法が適用されないため、原状回復義務の範囲が広くなるとも言えます。これは、特約に明記されていれば、経年劣化によるものとされるような通常の損耗についても原状回復義務を負う場合もあるということですので、契約の段階から注意が必要です。また契約によって違いはありますが、一般的に住宅用賃貸と事業用賃貸では明け渡しのタイミングも異なっています。住宅の退去は契約終了までに行い、原状回復については物件の明け渡し後にすることがほとんどです。しかしオフィスや店舗の場合、退去は契約期間が終了する2週間前まで、かつ原状回復工事は契約期間内に終了させる必要があるのです。このとき、原状回復工事が期間内に終了しない場合、工事終了までの賃料が発生してしまいます。このように、住宅用か事業用かで全くその意味が変わってくる「原状回復義務」の意味合い。特に事業用の賃貸については注意しておきたいですね。

0800-805-7253

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7253

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

24時間365日サポートいたします

0800-805-7253

24時間365日・日本全国対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7253
  • 原状回復110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼