最新情報・レポート

原状回復に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介しております。ご参考くださいませ。

手作りは要注意

賃貸契約には、原状回復という言葉がつきものです。一般的に原状回復は、「借りた状態に戻す」ではなく、「賃借人に責のある劣化の修繕義務」という認識になります。ですから、普通に住んでいるだけでは、原状回復の義務が発生しづらい状況とも言えます例えば、壁紙や水回りは、生活していれば当たり前に使う場所でもありますので、何もしなくても経年劣化していきます。居住の際にタンスなどを使用すればヘコみもできるでしょう。これらは、生活していれば誰しも起こり得る普通の消耗となり、通常の使用による摩耗と認識されるケースが多いです。そして、通常摩耗による損傷は賃料に含まれているという考えなので、退去時に賃借人が責任を負うことは少ないです。では、原状回復が必要な場合とはどんなケースがあるのでしょうか。よくあるのはDIYによるものです。DIYの精神はとても素晴らしいもので、その考え自体は素敵なことなのですが、こと賃貸においては注意が必要です。室内作業中の傷はもちろんですが、できたレリーフなどを飾るときにも釘などで打ち付けると原状回復の義務が発生する恐れがあります。ですから、何か棚などを取り付ける際にも一枚ベニヤ板を挟むなどして、直接室内に傷を付けないように気をつけましょう。ルールを守って正しく使っていれば、原状回復は基本的に避けることができますので、気をつけてお使いください。

0800-805-7253

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7253

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

24時間365日サポートいたします

0800-805-7253

24時間365日・日本全国対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7253
  • 原状回復110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼