最新情報・レポート

原状回復に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介しております。ご参考くださいませ。

水場の扱いに気をつける

賃貸物件を解約する際に借り主に発生する原状回復義務ですが、普通に生活していてできてしまった傷などに関しては原状回復義務が発せしない場合もあります。気をつけなければならないのは、度を超えてしまうことです。特にキッチンや風呂場などの水場はしっかりメンテナンスしていないとサビやカビが発生してしまいます。それがコンロの裏のような目の届かないような場所であれば原状回復の義務なしと判断されることもあります。しかし明らかに目に見る場所で、放置したことが原因でサビが広がっていたりと借り主の過失が明らかである場合は原状回復の義務が生じます。サビやカビなど一度発生すると落とすのは難しいですが、発生する前にしっかり対策をすれば発生のリスクを軽減できます。例えばシンクのサビは使用後に水を拭き取るだけでなくシンクの上に物を放置しないようにしましょう。錆びにくいにくいシンクであっても放置されたものと間にサビが発生し移ることがあります。お風呂場でも同じように使用後は必ず換気し湿気を逃がすことでカビの発生を抑えます。それだけではなく定期的に風呂場全体の掃除をすることです。とくにタイルの間やゴムパッキンなどカビが発生しやす場所はしっかり掃除しましょう。自分でも簡単に出来る対策で水場をきれいに使えばそれだけ原状回復の義務を負う可能性を軽減できるのです。それでも対処しきれない場合は当サイトへご相談ください。

0800-805-7253

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7253

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

24時間365日サポートいたします

0800-805-7253

24時間365日・日本全国対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7253
  • 原状回復110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼