最新情報・レポート

原状回復に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介しております。ご参考くださいませ。

アパートを退去するとき修繕はするの?必要な修繕とトラブル回避

アパートを退去するとき修繕はするの?必要な修繕とトラブル回避

 

部屋を引っ越そうかと思うけれど、よく見たら床に傷が……!これって、原状回復の費用がかかってしまう?引っ越しを考えていらっしゃる方の中には、荷物をまとめているうちに意外と部屋の劣化が目につく方も多いのではないでしょうか。

 

気になる傷や汚れが部屋にあるという方は、原状回復が自己負担となるかどうかが気になるものでしょう。いざ退去するとなっても、原状回復の費用について大家さんとトラブルにならないとも限りません。

 

そこで今回はアパートを退去する時の修繕費用について、詳しくお伝えしていきます。今アパートの退去を考えているという方は、ぜひお読みになりご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

アパートの退去!汚れや傷は修繕するべき?

アパートを退去するとなっていざ荷物を片付けてみたら、意外と気になる壁や床の傷、汚れ……。「飛ぶ鳥後を濁さず」というように、部屋が汚いまま退去するのは忍びないもの。自分が汚したなら特に気になってしまいますが、これらの修繕も入居者が費用を負担するべきなのでしょうか。

 

賃貸住宅の原状回復について

賃貸住宅と切っても切れないものに、原状回復という考え方があります。原状回復とは、賃貸住宅に住んでいた入居者が退去する時に、その部屋を元の状態に戻すこと。賃貸住宅において、借主と入居者の間で最もトラブルになりやすいのが原状回復の問題なのです。

 

不動産には、減価償却という考え方があります。建物というものは、年を重ねるごとに劣化していくのは当たり前のこと。長年住んで建物が劣化して価値が下がるのは、ある意味仕方がないことです。

 

そのため賃貸物件においても、基本的には原状回復のための費用は家賃に含まれるものとされています。ですから、普通に住んでいれば、原状回復の費用は家賃以外特にかからないはずなのです。

 

必要な修繕の範囲とは?

このような賃貸住宅における原状回復をめぐるトラブルが多いため、国土交通省では『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』という大まかな指針を定めています。

政府のガイドラインを参考にしてみると、入居者が費用を負担しなければならないケースはかなり限定されていることが分かります。入居者負担となる場合は、以下の場合に限られます。

 

■入居者がわざとやったことや、部屋の汚れなどを長期にわたって放置していたことが原因

 

■通常はそのような使い方はしないであろう、というようなケースに当てはまる場合

 

建物に長年住んでいたことによる消耗は、致し方ないものとしてあらかじめ月々負担する家賃に含まれています。家具の移動での床の傷、壁の小さな画びょうの穴や、長年使っていたエアコンの故障……。 このような経年劣化によるものは想定内の消耗であり、借主に負担する義務はありません。通常の常識的な利用をしている限り、費用を支払う義務はないのです。

 

原状回復として修繕をするなら費用はどれくらいかかるの?

原状回復として修繕をするなら費用はどれくらいかかるの?

 

原状回復をめぐって大家さんとトラブルにならないためにも、修繕費用の相場を知っておくことが大切です。一般的な修繕費用の相場は、以下の通りです。

 

■壁紙やフローリング、カーペット、畳の張り替え…数千円程度

 

■壁の穴の補修…数万円程度

 

こちらはあくまでも目安であるため、何人でお住まいかなど個々の状況によっても変わってきます。複数箇所の修繕が必要となれば、数万円の出費となる可能性も否定できません。

万が一過失によって部屋に損害を与えてしまったら、退去時には入居時に払った敷金から充当されます。しかしあまりに状態がひどく、敷金を超えて損害が発生すると余分な費用が掛かってしまいます。

 

よくあるトラブル!退去時に起こりうる両者の相違

賃貸住宅での退去時のトラブルで、よく起こりがちなものをご紹介します。あなたが退去される際はこのようなトラブルに巻き込まれないよう、ご参考になさってください。

 

壁のクロス、フローリングの床の張り替え費用の請求

人が部屋に住んで生活を営んでいれば、クロスといった床の仕上げ材が劣化していくのは、致し方のないことです。傷ができたり汚れが付着するのは、部屋を貸す時点で想定内のはず。それを出ていく時に請求するというのは、国のガイドラインにも反しています。

 

自分が付けたものではない所まで、修繕費用を請求

明らかに自分が住む前からついていた傷なのに、修繕費用を請求されるという場合もあります。ご自分が入居する前にあった傷かどうかというのは、第三者からは判断がなかなか難しいのもの。そのため入居する際に問題がある箇所を写真に撮って、証拠写真として保存しておくと役立ちます。

 

貸主とトラブルにならないように…事前に確認しておこう

貸主とトラブルにならないように…事前に確認しておこう

 

引っ越しをする時というのは、慌ただしいものです。しかしいざ引っ越すとなった際に貸主とトラブルにならないためにも、退去の前に確認しておくべきことをご紹介します。

 

入居した時点で傷や画びょう穴、汚れがないか確認

入居する時にあらかじめ内装におかしな点がないか、写真を撮っておきましょう。できれば大家さんや管理業者など第3者に立ち会ってもらうと、有力な証拠となります。このような対策をしておけば退去する際に慌てることなく、安心して入居できるでしょう。

 

賃貸契約書

入居する時に交わした賃貸契約書には、原状回復について規定がされています。その部分を再度読みなおし、原状回復について入居者の責任はどこまであるのか確認しておきましょう。タバコを吸う方は、契約書にタバコが許可されているかどうか確認しておくことも大切です。

 

換気扇やエアコン、排水口の詰まりなどのメンテナンスは、通常大家さんや管理会社がするものです。ご自分で業者を呼んで、費用を払う必要はありません。部屋の備品に何かおかしい点が見つかったら、早めにメンテナンスを依頼しましょう。

 

自分でもできる?修繕方法

小さな汚れや傷であれば、ご自分で簡単な修繕をすることは可能です。退去する前にご自分で修繕をしておけば、修繕費が余計に請求される心配はなくなります。もし近々お部屋から退去をお考えなら、ご自分で修繕をしてみてはいかがでしょうか。

 

フローリングに家具をすった後などは、傷になることもあります。少々の傷なら、ご自分で直した方が安く済みます。小さな傷なら、市販のフローリング用の補修剤を使うのがおすすめです。最も簡単なのは、傷にテープを張るタイプです。そのほかにも傷にパテを詰めるタイプや、専用のクレヨンを塗るタイプなどがあります。費用も数千円で済むため、手軽に試せるのでおすすめです。

 

汚れ

壁面の汚れには、住宅用の洗剤を使うのがおすすめです。スポンジになじませてこすった後は、雑巾で水拭きをしておきましょう。また子供のクレヨンや鉛筆による落書き、キッチンの油汚れには、壁用の消しゴムで消すという方法もあります。

 

これらは数百円で購入できるので、気になる汚れがあるという方は、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

しかしあくまでもご自分でできるのは、小さな傷や汚れに限ります。またかえって汚れが目立ってしまうこともあるので注意が必要です。個人で修復を行うのが心配な方は、プロに依頼すればきちんと仕上げてくれるので安心です。

 

まとめ

アパートの退去に伴い、修繕が必要なのかどうかお伝えしてきました。基本的には大家さんが負担をするものであり、借主には請求がされません。ただし、通常考えられるような範囲を超えて部屋を劣化させたりした場合は注意が必要です。

 

退去するとなって慌てないためにも、入居時からきちんと契約書を確認したり、部屋の記録を取っておくとよいでしょう。また日頃から部屋の備品のメンテナンスを行い、きれいに使うことも大切になります。

 

気になる方は、ご自身で修繕を行うと良いでしょう。ただし下手に行うと、余計に状態が悪化することもあります。ご心配なら、プロの手を借りてみるのも1つの方法です。今回の記事をお読みになったあなたが、無事にお引越しを終えられることを願っております。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7253

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7253

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

24時間365日サポートいたします

0800-805-7253

24時間365日・日本全国対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7253
  • 原状回復110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼